Topics

高値覚えとは?

高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れないこと。

以前につけた高いレートを基準判断をしてしまうこと。
再びレートが上昇することを期待すること。

逆は安値覚え。

高値覚えの具体例は?

「レート急落後、高値覚えで売りに動かない投資家が多い」という状況が考えられる。
これは、ドル円102円から100円まで急落後、以前102円まで上昇したのだからまた戻るはずという期待を持ちそのままホールドする状況をいう。

 

「高値おぼえ、安値おぼえは損のもと」という格言がある。

高値覚えの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  2. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  3. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  4. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  5. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  6. ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
  7. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  8. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。
  9. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  10. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。

アーカイブ