Topics

高値覚えとは?

高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れないこと。

以前につけた高いレートを基準判断をしてしまうこと。
再びレートが上昇することを期待すること。

逆は安値覚え。

高値覚えの具体例は?

「レート急落後、高値覚えで売りに動かない投資家が多い」という状況が考えられる。
これは、ドル円102円から100円まで急落後、以前102円まで上昇したのだからまた戻るはずという期待を持ちそのままホールドする状況をいう。

 

「高値おぼえ、安値おぼえは損のもと」という格言がある。

高値覚えの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  2. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  3. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  4. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  5. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  6. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  7. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  8. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  9. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  10. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。

アーカイブ