Topics

高値覚えとは?

高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れないこと。

以前につけた高いレートを基準判断をしてしまうこと。
再びレートが上昇することを期待すること。

逆は安値覚え。

高値覚えの具体例は?

「レート急落後、高値覚えで売りに動かない投資家が多い」という状況が考えられる。
これは、ドル円102円から100円まで急落後、以前102円まで上昇したのだからまた戻るはずという期待を持ちそのままホールドする状況をいう。

 

「高値おぼえ、安値おぼえは損のもと」という格言がある。

高値覚えの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  2. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  3. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  4. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  5. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  6. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  7. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  8. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  9. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  10. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...

アーカイブ