Topics

高値覚えとは?

高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れないこと。

以前につけた高いレートを基準判断をしてしまうこと。
再びレートが上昇することを期待すること。

逆は安値覚え。

高値覚えの具体例は?

「レート急落後、高値覚えで売りに動かない投資家が多い」という状況が考えられる。
これは、ドル円102円から100円まで急落後、以前102円まで上昇したのだからまた戻るはずという期待を持ちそのままホールドする状況をいう。

 

「高値おぼえ、安値おぼえは損のもと」という格言がある。

高値覚えの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  2. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  3. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  4. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  5. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  6. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  7. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  8. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  9. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  10. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。

アーカイブ