Topics

戻り足とは?

戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。

下げ歩調の相場が反発して、上昇することを指す。

戻り足の使用例(具体例)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...
  2. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  3. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  4. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  5. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  6. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  7. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  8. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  9. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  10. ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態...

アーカイブ