Topics

もちあい放れ(保ち合い放れ)とは?

もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落の方向へ動き出すこと。

もちあい放れとは

※もちあい(保ち合い)とは、あまり上下の振幅のないトレンドが読みにくい相場のこと。

もちあい放れの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  2. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  3. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  4. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  5. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  6. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  7. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  8. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  9. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  10. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...

アーカイブ