Topics

もちあい放れ(保ち合い放れ)とは?

もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落の方向へ動き出すこと。

もちあい放れとは

※もちあい(保ち合い)とは、あまり上下の振幅のないトレンドが読みにくい相場のこと。

もちあい放れの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  2. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  3. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  4. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  5. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  6. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  7. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  8. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  9. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  10. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...

アーカイブ