Topics

もちあい放れ(保ち合い放れ)とは?

もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落の方向へ動き出すこと。

もちあい放れとは

※もちあい(保ち合い)とは、あまり上下の振幅のないトレンドが読みにくい相場のこと。

もちあい放れの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  2. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  3. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  4. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  5. ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
  6. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  7. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  8. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  9. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  10. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。

アーカイブ