Topics

もちあい放れ(保ち合い放れ)とは?

もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落の方向へ動き出すこと。

もちあい放れとは

※もちあい(保ち合い)とは、あまり上下の振幅のないトレンドが読みにくい相場のこと。

もちあい放れの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  2. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  3. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  4. パリティ(parity)とは、同等であること。
  5. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  6. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  7. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  8. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  9. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  10. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。

アーカイブ