Topics

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは?

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通貨をいう。

トルコリラや南アランドなどがある。

逆はメジャーカレンシー(主要通貨)という。
ドル円やユーロ円など。

なお、日本のFX会社の中では、ドル円やユーロ円、豪ドル円(場合によっては英ポンドも)の取引が多いのでそれ以外を指す場合もある。

マイナー通貨の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  2. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  3. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  4. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  5. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  6. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  7. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  8. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  9. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  10. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...

アーカイブ