Topics

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは?

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通貨をいう。

トルコリラや南アランドなどがある。

逆はメジャーカレンシー(主要通貨)という。
ドル円やユーロ円など。

なお、日本のFX会社の中では、ドル円やユーロ円、豪ドル円(場合によっては英ポンドも)の取引が多いのでそれ以外を指す場合もある。

マイナー通貨の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  2. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  3. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  4. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  5. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  6. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  7. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  8. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  9. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  10. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。

アーカイブ