Topics

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは?

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通貨をいう。

トルコリラや南アランドなどがある。

逆はメジャーカレンシー(主要通貨)という。
ドル円やユーロ円など。

なお、日本のFX会社の中では、ドル円やユーロ円、豪ドル円(場合によっては英ポンドも)の取引が多いのでそれ以外を指す場合もある。

マイナー通貨の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  2. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  3. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  4. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  5. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  6. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  7. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  8. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  9. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  10. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。

アーカイブ