Topics

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは?

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通貨をいう。

トルコリラや南アランドなどがある。

逆はメジャーカレンシー(主要通貨)という。
ドル円やユーロ円など。

なお、日本のFX会社の中では、ドル円やユーロ円、豪ドル円(場合によっては英ポンドも)の取引が多いのでそれ以外を指す場合もある。

マイナー通貨の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  2. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  3. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  4. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  5. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  6. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  7. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  8. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  9. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  10. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。

アーカイブ