Topics

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは?

マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通貨をいう。

トルコリラや南アランドなどがある。

逆はメジャーカレンシー(主要通貨)という。
ドル円やユーロ円など。

なお、日本のFX会社の中では、ドル円やユーロ円、豪ドル円(場合によっては英ポンドも)の取引が多いのでそれ以外を指す場合もある。

マイナー通貨の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  2. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  3. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  4. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  5. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  6. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  7. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  8. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  9. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  10. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...

アーカイブ