Topics

マーチンゲール法(方式)とは?絶対勝てる投資法?

マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
勝ったらまたスタートに戻る。

ギャンブルの世界では有名な方式。

具体例(勝ったら2倍)

1回目 100円 負け 合計投機額100円
2回目 200円 負け 合計投機額300円
3回目 400円 負け 合計投機額700円
4回目 800円 負け 合計投機額1500円
5回目 1600円 勝ち 合計投機額3100円 →払戻し額3200円(1600×2倍)なので100円の利益

6回目 100円 負け



といった具合。

所持金が0になるまでに連敗が止まれば、最初の賭け金分を儲けられるということ。

連敗が続くと掛け金がとんでもない額になる。

マーチンゲールの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  2. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...
  3. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  4. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  5. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  6. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  7. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  8. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  9. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  10. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...

アーカイブ