Topics

マーチンゲール法(方式)とは?絶対勝てる投資法?

マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
勝ったらまたスタートに戻る。

ギャンブルの世界では有名な方式。

具体例(勝ったら2倍)

1回目 100円 負け 合計投機額100円
2回目 200円 負け 合計投機額300円
3回目 400円 負け 合計投機額700円
4回目 800円 負け 合計投機額1500円
5回目 1600円 勝ち 合計投機額3100円 →払戻し額3200円(1600×2倍)なので100円の利益

6回目 100円 負け



といった具合。

所持金が0になるまでに連敗が止まれば、最初の賭け金分を儲けられるということ。

連敗が続くと掛け金がとんでもない額になる。

マーチンゲールの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  2. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  3. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  4. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  5. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  6. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  7. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  8. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  9. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  10. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。

アーカイブ