Topics

ボラティリティとは?

ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
相場変動が激しく大きい時は「ボラティリティが大きい」というように使われる。

逆に相場変動が小さい時は「ボラティリティが小さい」というように使われる。

ボラティリティは「高い」「大きい」?

変動「率」なのでどちらでも日本語としてどちらを使っても構わない。
ボラティリティが大きい(高い)。
ボラティリティが小さい(低い)。

なお、ボラティリティの大きさを表すテクニカル分析としてボリンジャーバンドがある。

ボラティリティの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  2. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  3. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  4. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...
  5. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  6. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  7. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  8. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  9. レートアナウンスとは、政策金利発表のこと。
  10. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...

アーカイブ