Topics

ボラティリティとは?

ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
相場変動が激しく大きい時は「ボラティリティが大きい」というように使われる。

逆に相場変動が小さい時は「ボラティリティが小さい」というように使われる。

ボラティリティは「高い」「大きい」?

変動「率」なのでどちらでも日本語としてどちらを使っても構わない。
ボラティリティが大きい(高い)。
ボラティリティが小さい(低い)。

なお、ボラティリティの大きさを表すテクニカル分析としてボリンジャーバンドがある。

ボラティリティの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  2. バリアオプションとは、オプションの一種。
  3. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  4. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  5. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  6. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  7. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  8. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  9. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  10. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...

アーカイブ