Topics

ボラティリティとは?

ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
相場変動が激しく大きい時は「ボラティリティが大きい」というように使われる。

逆に相場変動が小さい時は「ボラティリティが小さい」というように使われる。

ボラティリティは「高い」「大きい」?

変動「率」なのでどちらでも日本語としてどちらを使っても構わない。
ボラティリティが大きい(高い)。
ボラティリティが小さい(低い)。

なお、ボラティリティの大きさを表すテクニカル分析としてボリンジャーバンドがある。

ボラティリティの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  2. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  3. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  4. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  5. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  6. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  7. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  8. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  9. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  10. リクイディティとは、市場における流動性のこと。

アーカイブ