Topics

ボラティリティとは?

ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
相場変動が激しく大きい時は「ボラティリティが大きい」というように使われる。

逆に相場変動が小さい時は「ボラティリティが小さい」というように使われる。

ボラティリティは「高い」「大きい」?

変動「率」なのでどちらでも日本語としてどちらを使っても構わない。
ボラティリティが大きい(高い)。
ボラティリティが小さい(低い)。

なお、ボラティリティの大きさを表すテクニカル分析としてボリンジャーバンドがある。

ボラティリティの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  2. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  3. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  4. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  5. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  6. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  7. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  8. パリティ(parity)とは、同等であること。
  9. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  10. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。

アーカイブ