Topics

ボラティリティとは?

ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
相場変動が激しく大きい時は「ボラティリティが大きい」というように使われる。

逆に相場変動が小さい時は「ボラティリティが小さい」というように使われる。

ボラティリティは「高い」「大きい」?

変動「率」なのでどちらでも日本語としてどちらを使っても構わない。
ボラティリティが大きい(高い)。
ボラティリティが小さい(低い)。

なお、ボラティリティの大きさを表すテクニカル分析としてボリンジャーバンドがある。

ボラティリティの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  2. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  3. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  4. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  5. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  6. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  7. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  8. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  9. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  10. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。

アーカイブ