Topics

ベージュブックとは?

ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。

12地区の各連銀が経済状況をまとめ、FOMCの2週間前の水曜日に公表される。

正式名は「Summary of Commentary on Current Economic Conditions by Reserve District」。
報告書がベージュ色のためにベージュブックと呼ばれている。

ベージュブック

ベージュブックの中身はこちら

ベージュブックの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  2. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  3. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  4. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  5. バリアオプションとは、オプションの一種。
  6. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  7. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  8. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  9. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  10. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...

アーカイブ