Topics

ベージュブックとは?

ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。

12地区の各連銀が経済状況をまとめ、FOMCの2週間前の水曜日に公表される。

正式名は「Summary of Commentary on Current Economic Conditions by Reserve District」。
報告書がベージュ色のためにベージュブックと呼ばれている。

ベージュブック

ベージュブックの中身はこちら

ベージュブックの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  2. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  3. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  4. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  5. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  6. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  7. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  8. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  9. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  10. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...

アーカイブ