Topics

FRB(米連邦準備制度理事会)とは?FOMCとは?

FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)とは、米国の中央銀行制度(連邦準備制度:FRS)の最高意思決定機関。

頭文字をとってFed(読み方:フェド)ともいう(アメリカではこちらのほうが一般的)。

議長、副議長、理事(5名)の7名で構成され、連邦準備理事会の下に12の連邦準備銀行がある。

現在の議長はジェネット・イエレン

ジャネット・イエレンとは

現時点でのメンバーは以下(2016年9月現在)

FRBメンバー

Wikipediaより引用

FOMC(連邦公開市場委員会)とは?

FOMC(連邦公開市場委員会:Federal Open Market Committee)とは、FRBが定期的に開く会合のこと。

FOMCとは、FRB理事7人と連邦準備銀行総裁5人(ニューヨーク連邦準備銀行総裁と、持ち回りで選ばれる他地区連銀の総裁4人。それ以外の地区連銀総裁も議論には参加するが議決権はない)で構成されるアメリカの金融政策決定機関。

FOMC定期的会合は年間8回開かれ、FF金利の誘導目標と公定歩合が決定される。

FOMCの過去の政策概要はこちら(外為どっとコム)

2016年のFOMC日程はいつ?

下記8回。3,6,9,12月にはイエレン氏の記者会見もある。

1月26─27日
2日目米東部標準時間午後2時(日本時間28日午前4時)に声明発表

3月15─16日
2日目米東部夏時間午後2時(日本時間17日午前3時)に声明発表
日本時間午前3時半に記者会見

4月26日─27日
2日目米東部夏時間午後2時(日本時間28日午前3時)に声明発表

6月14─15日
2日目米東部夏時間午後2時(日本時間16日午前3時)に声明発表
日本時間午前3時半に記者会見

7月26─27日
2日目米東部夏時間午後2時(日本時間28日午前3時)に声明発表

9月20─21日
2日目米東部夏時間午後2時(日本時間22日午前3時)に声明発表
日本時間午前3時半に記者会見

11月1─2日
2日目米東部夏時間午後2時(日本時間3日午前3時)に声明発表

12月13─14日
2日目米東部標準時間午後2時(日本時間15日午前4時)に声明発表
日本時間午前4時半に記者会見

FRBの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  2. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  3. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  4. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  5. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  6. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  7. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  8. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  9. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  10. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。

アーカイブ