Topics

ブラックマンデーとは?なぜ起こったのか?

ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時株安のこと。

史上最大規模の世界的な株価大暴落である。

暗黒の月曜日ともいう。

ブラックマンデーはどのくらい下落したのか?

NY株式市場は508ドル安(下落率22.6%
日経平均は3836.48円安(下落率14.9%
の暴落となった。

ブラックマンデーはなぜ起こったのか?理由は?

ブラックマンデーが起こった理由はいまだ明確には分かっていない。
一部、米国の双子の赤字や当時流行り出した自動売買プログラムが原因ともいわれるが確証はない。

ブラックマンデーの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  2. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  3. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  4. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  5. パリティ(parity)とは、同等であること。
  6. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  7. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  8. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  9. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  10. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。

アーカイブ