Topics

ブラックマンデーとは?なぜ起こったのか?

ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時株安のこと。

史上最大規模の世界的な株価大暴落である。

暗黒の月曜日ともいう。

ブラックマンデーはどのくらい下落したのか?

NY株式市場は508ドル安(下落率22.6%
日経平均は3836.48円安(下落率14.9%
の暴落となった。

ブラックマンデーはなぜ起こったのか?理由は?

ブラックマンデーが起こった理由はいまだ明確には分かっていない。
一部、米国の双子の赤字や当時流行り出した自動売買プログラムが原因ともいわれるが確証はない。

ブラックマンデーの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  2. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  3. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  4. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  5. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  6. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  7. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  8. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  9. 追証(おいしょう)とは、FXにおいて、相場の変動により、差し入れている「委託(預託)している」証拠金...
  10. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。

アーカイブ