Topics

ブラックマンデーとは?なぜ起こったのか?

ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時株安のこと。

史上最大規模の世界的な株価大暴落である。

暗黒の月曜日ともいう。

ブラックマンデーはどのくらい下落したのか?

NY株式市場は508ドル安(下落率22.6%
日経平均は3836.48円安(下落率14.9%
の暴落となった。

ブラックマンデーはなぜ起こったのか?理由は?

ブラックマンデーが起こった理由はいまだ明確には分かっていない。
一部、米国の双子の赤字や当時流行り出した自動売買プログラムが原因ともいわれるが確証はない。

ブラックマンデーの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  2. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  3. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  4. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  5. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  6. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  7. レートアナウンスとは、政策金利発表のこと。
  8. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  9. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  10. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。

アーカイブ