Topics

ブラック・ショールズ・モデルとは?FXでの使用例とは?

ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの理論価格の計算モデルのこと。

 

フィッシャー・ブラック

フィッシャー・ブラック

 

マイロン・ショールズ

マイロン・ショールズ

 

オプションの理論価格算出に広く利用されている。

FXでは、バイナリーオプションの計算に用いられている。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  2. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  3. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  4. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  5. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  6. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  7. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  8. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  9. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  10. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。

アーカイブ