Topics

ブラック・ショールズ・モデルとは?FXでの使用例とは?

ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの理論価格の計算モデルのこと。

 

フィッシャー・ブラック

フィッシャー・ブラック

 

マイロン・ショールズ

マイロン・ショールズ

 

オプションの理論価格算出に広く利用されている。

FXでは、バイナリーオプションの計算に用いられている。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  2. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  3. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  4. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  5. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  6. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  7. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  8. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  9. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  10. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...

アーカイブ