Topics

ブラックアウトとは?日本とアメリカの期間は?

ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マターについて発言することを禁じたルールのこと。

日本(日銀)の場合

日銀の場合、金融政策決定会合開始の2営業日前から会合終了当日の総裁記者会見終了時刻までの期間は、原則として金融政策及び金融経済情勢に関して発言をしないこととなっている。

アメリカ(FRB)の場合

米国の中央銀行であるFRB(米連邦準備制度理事会)の関係者が金融政策に関して踏み込んだ発言をしてはならない期間はFOMC(連邦公開市場委員会)が開催される前週の火曜日からFOMC終了時までとなっている。

ブラックアウト(ルール)の適用期間が一番長いのは米国である。

ブラックアウトの使用例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  2. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  3. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  4. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  5. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  6. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  7. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  8. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  9. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  10. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。

アーカイブ