Topics

ブラックアウトとは?日本とアメリカの期間は?

ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マターについて発言することを禁じたルールのこと。

日本(日銀)の場合

日銀の場合、金融政策決定会合開始の2営業日前から会合終了当日の総裁記者会見終了時刻までの期間は、原則として金融政策及び金融経済情勢に関して発言をしないこととなっている。

アメリカ(FRB)の場合

米国の中央銀行であるFRB(米連邦準備制度理事会)の関係者が金融政策に関して踏み込んだ発言をしてはならない期間はFOMC(連邦公開市場委員会)が開催される前週の火曜日からFOMC終了時までとなっている。

ブラックアウト(ルール)の適用期間が一番長いのは米国である。

ブラックアウトの使用例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  2. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  3. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  4. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  5. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  6. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  7. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  8. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  9. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  10. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...

アーカイブ