Topics

ブラックアウトとは?日本とアメリカの期間は?

ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マターについて発言することを禁じたルールのこと。

日本(日銀)の場合

日銀の場合、金融政策決定会合開始の2営業日前から会合終了当日の総裁記者会見終了時刻までの期間は、原則として金融政策及び金融経済情勢に関して発言をしないこととなっている。

アメリカ(FRB)の場合

米国の中央銀行であるFRB(米連邦準備制度理事会)の関係者が金融政策に関して踏み込んだ発言をしてはならない期間はFOMC(連邦公開市場委員会)が開催される前週の火曜日からFOMC終了時までとなっている。

ブラックアウト(ルール)の適用期間が一番長いのは米国である。

ブラックアウトの使用例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  2. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  3. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  4. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  5. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  6. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  7. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  8. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  9. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  10. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。

アーカイブ