Topics

ピラミッディングトレードとは?

ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。

アゲインスト(損失)の方向に進んだ時に買い増すナンピンとは異なる。

ピラミッディングトレード

具体的には

買い増しの方法として、同じアマウントを積み増していく 「イコール・ポジション・ピラミッディング」と
「10枚、5枚、2枚、1枚」と新規アマウントを減らして積み増す「スケール・ダウン・ピラミッディング」がある。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  2. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  3. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  4. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  5. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  6. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  7. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...
  8. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  9. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  10. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。

アーカイブ