Topics

ピラミッディングトレードとは?

ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。

アゲインスト(損失)の方向に進んだ時に買い増すナンピンとは異なる。

ピラミッディングトレード

具体的には

買い増しの方法として、同じアマウントを積み増していく 「イコール・ポジション・ピラミッディング」と
「10枚、5枚、2枚、1枚」と新規アマウントを減らして積み増す「スケール・ダウン・ピラミッディング」がある。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  2. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  3. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  4. 追証(おいしょう)とは、FXにおいて、相場の変動により、差し入れている「委託(預託)している」証拠金...
  5. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  6. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  7. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  8. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  9. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  10. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。

アーカイブ