Topics

ビッグマック指数とは?

ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。

購買力平価についてはこちら

具体的には、全世界で発売されているマクドナルドのビッグマック1個の金額がこの国ではいくらで販売されているか、ということから各国の経済力を測る指数のこと。

ビッグマック指数

ビッグマック指数の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  2. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  3. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  4. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  5. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  6. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  7. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  8. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  9. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  10. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。

アーカイブ