Topics

ビッグマック指数とは?

ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。

購買力平価についてはこちら

具体的には、全世界で発売されているマクドナルドのビッグマック1個の金額がこの国ではいくらで販売されているか、ということから各国の経済力を測る指数のこと。

ビッグマック指数

ビッグマック指数の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. パリティ(parity)とは、同等であること。
  2. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  3. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  4. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  5. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  6. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  7. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  8. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  9. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  10. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...

アーカイブ