Topics

半値押しとは?

半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。

一般的に相場は上昇した後、上昇分に対して、3分の1、2分の1、3分の2に値下がりするというのが過去の経験法則からいわれている。

半値戻しとは?

半値戻し(読み方:はんねもどし)とは、逆に半値戻しという言葉もある。
これは、相場が下落したあと、2分の1を戻す(上げる)こと。

こちらも下落分に対して、3分の1、2分の1、3分の2に値上がりするといわれている。

半値押しの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  2. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  3. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  4. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  5. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  6. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  7. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  8. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  9. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  10. バリアオプションとは、オプションの一種。

アーカイブ