Topics

半値押しとは?

半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。

一般的に相場は上昇した後、上昇分に対して、3分の1、2分の1、3分の2に値下がりするというのが過去の経験法則からいわれている。

半値戻しとは?

半値戻し(読み方:はんねもどし)とは、逆に半値戻しという言葉もある。
これは、相場が下落したあと、2分の1を戻す(上げる)こと。

こちらも下落分に対して、3分の1、2分の1、3分の2に値上がりするといわれている。

半値押しの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  2. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  3. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  4. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  5. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  6. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  7. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  8. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  9. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  10. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...

アーカイブ