Topics

半値押しとは?

半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。

一般的に相場は上昇した後、上昇分に対して、3分の1、2分の1、3分の2に値下がりするというのが過去の経験法則からいわれている。

半値戻しとは?

半値戻し(読み方:はんねもどし)とは、逆に半値戻しという言葉もある。
これは、相場が下落したあと、2分の1を戻す(上げる)こと。

こちらも下落分に対して、3分の1、2分の1、3分の2に値上がりするといわれている。

半値押しの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  2. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  3. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  4. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  5. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  6. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  7. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  8. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  9. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  10. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。

アーカイブ