Topics

半値押しとは?

半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。

一般的に相場は上昇した後、上昇分に対して、3分の1、2分の1、3分の2に値下がりするというのが過去の経験法則からいわれている。

半値戻しとは?

半値戻し(読み方:はんねもどし)とは、逆に半値戻しという言葉もある。
これは、相場が下落したあと、2分の1を戻す(上げる)こと。

こちらも下落分に対して、3分の1、2分の1、3分の2に値上がりするといわれている。

半値押しの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  2. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  3. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  4. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。
  5. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  6. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  7. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  8. パリティ(parity)とは、同等であること。
  9. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  10. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...

アーカイブ