Topics

ハイパーインフレーションとは?各国の歴史まとめ。日本は3000倍の物価上昇。

ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
ハイパーインフレともいう。

正確には、最低でも国際会計基準の定める3年間で累積100%(年率約26%)の物価上昇、
フィリップ・ケーガン(英語版)による定義では月率50%(年率13000%)を超える物価上昇を指す。

歴史上のハイパーインフレ

18世紀のフランス革命直後。
19世紀の南北戦争直後のアメリカ合衆国。

主に、巨額の戦費調達によって生じた例が記録されている。

第一次世界大戦直後では、敗戦後のドイツ帝国(1兆倍)
帝政が終わったロシア帝国(600億倍)がある。

ドイツのハイパーインフレ

これらの主な原因は、戦争後の賠償金支払いなどに伴う財政赤字の急膨張であり、不換紙幣である政府紙幣の発行による、財政赤字のファイナンスによるものである。

他にも戦争によるハイパーインフレとしてハンガリーの事例が有名

事例で見るハンガリーのハイパーインフレーション(ShareWis PRESS)

 

その他主要なハイパーインフレ

ジンバブエ

2000-2007年の7年間 通貨供給量は130万倍に達し、物価は650万倍に上昇。
2009年ジンバブエ・ドルが公式には流通しなくなり、その後ジンバブエドルの流通停止。
米ドルおよび南アフリカランドなど外国通貨による、自国通貨の放棄を発表することを余儀なくされた。
その後、外貨の使用に伴ってインフレは沈静化し、デフレーションとなった。

ブラジル

1986年から1994年までの8年間に、2兆7500億分の1のハイパーインフレーションが生じた。
政府は、1993年12月に「レアルプラン」を発表。
1994年7月ドルペッグの通貨レアルの導入をに行いインフレを終息させた。

アルゼンチン

1988年、過剰な通貨供給が原因で年率5000倍のハイパーインフレが発生。
1989年には対前年比50倍の物価上昇。
1991年にドルペッグ制のアルゼンチン・ペソを導入(カバロプラン)するまで、経済が大混乱。
庶民のタンス預金は紙屑同然となった。
1993年にはインフレ率は年率7.4%に沈静化(ラプラタの奇跡)。

 

ちなみに、日本も、2009年から120年前に遡ると日本の物価は約3000倍となっている。

日本のインフレの詳細はこちら

ハイパーインフレの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. パリティ(parity)とは、同等であること。
  2. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  3. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  4. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  5. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  6. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  7. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  8. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  9. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  10. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。

アーカイブ