Topics

ネットポジションとは?

ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。

略してネット(net)ともいう。

具体的には

例えば、ドル円の売買について。

50,000通貨 買い
30,000通貨 売り

→ネットポジションは「20,000通貨 買い」となる。

ちなみに、ネットポジションが0の状態をスクエア(スクウェア)という。

ネットポジションの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  2. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  3. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  4. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  5. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  6. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  7. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  8. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  9. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  10. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...

アーカイブ