Topics

ネットポジションとは?

ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。

略してネット(net)ともいう。

具体的には

例えば、ドル円の売買について。

50,000通貨 買い
30,000通貨 売り

→ネットポジションは「20,000通貨 買い」となる。

ちなみに、ネットポジションが0の状態をスクエア(スクウェア)という。

ネットポジションの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  2. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。
  3. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  4. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  5. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  6. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  7. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  8. ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態...
  9. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  10. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。

アーカイブ