Topics

日銀短観とは?現在のDIは?

日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。

日銀が企業に直接アンケート調査を行い、サンプル数も多いことからFXにおいて注目度の高い経済指標の一つである。

日銀短観とは

具体的には、全国の約1万社の企業を対象に、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査する。

日銀短観のDIとは?

特にFXマーケットが注目するのが日銀短観のD.I(ディーアイ)である。

これは、Diffusion Index(ディフュージョン・インデックス)の略で、企業の業況感や設備、雇用人員の過不足などの各種判断を指数化したもの。

D.I.は、各判断項目について3個の選択肢を用意し、選択肢毎の回答社数を単純集計し、全回答社数に対する「回答社数構成百分比」を算出した後、次式により算出。

D.I.=(第1選択肢の回答社数構成百分比)-(第3選択肢の回答社数構成百分比)

日銀短観とは

参照:日本銀行HP

過去の日銀短観データ

過去の日銀短観データは以下である(大企業製造業業況判断指数)。
(かっこ)は先行きの数字。

■2016年
7月 6
4月 6
■2015年
4月 12(10)
7月 15(16)
10月 12(10)
12月 12(7)

DIの最新データはこちら

日銀短観の公式情報はこちら

日銀短観の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  2. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  3. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  4. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  5. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  6. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  7. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  8. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  9. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  10. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。

アーカイブ