Topics

ナンピン(難平)とは?初心者におすすめ手法は逆ナンピン!

ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。

これにより平均コストを下げることができる。

しかし、下落トレンドの場合、買っても買っても下落していき大きな損を抱えることにもなりかねないので注意が必要。
とくにFX初心者は手を出してはいけないトレード手法。

逆ナンピンとは

これと似ているトレード手法として、逆ナンピンがある。

逆ナンピンとは、保有している通貨ペアが上がったときに、さらに買い増しをすること。

ピラミッディングともいう。
さらに日本では、利乗せ法、乗せ商いとも呼ばれる。

具体的に、買い増しの方法として、同じアマウントを積み増していく 「イコール・ポジション・ピラミッディング」と
「10枚、5枚、2枚、1枚」と新規アマウントを減らして積み増す「スケール・ダウン・ピラミッディング」がある。

ナンピンの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  2. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  3. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  4. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  5. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  6. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  7. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...
  8. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  9. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  10. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。

アーカイブ