Topics

ナンピン(難平)とは?初心者におすすめ手法は逆ナンピン!

ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。

これにより平均コストを下げることができる。

しかし、下落トレンドの場合、買っても買っても下落していき大きな損を抱えることにもなりかねないので注意が必要。
とくにFX初心者は手を出してはいけないトレード手法。

逆ナンピンとは

これと似ているトレード手法として、逆ナンピンがある。

逆ナンピンとは、保有している通貨ペアが上がったときに、さらに買い増しをすること。

ピラミッディングともいう。
さらに日本では、利乗せ法、乗せ商いとも呼ばれる。

具体的に、買い増しの方法として、同じアマウントを積み増していく 「イコール・ポジション・ピラミッディング」と
「10枚、5枚、2枚、1枚」と新規アマウントを減らして積み増す「スケール・ダウン・ピラミッディング」がある。

ナンピンの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  2. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  3. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
  4. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  5. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  6. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  7. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  8. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  9. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。
  10. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...

アーカイブ