Topics

ナンピン(難平)とは?初心者におすすめ手法は逆ナンピン!

ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。

これにより平均コストを下げることができる。

しかし、下落トレンドの場合、買っても買っても下落していき大きな損を抱えることにもなりかねないので注意が必要。
とくにFX初心者は手を出してはいけないトレード手法。

逆ナンピンとは

これと似ているトレード手法として、逆ナンピンがある。

逆ナンピンとは、保有している通貨ペアが上がったときに、さらに買い増しをすること。

ピラミッディングともいう。
さらに日本では、利乗せ法、乗せ商いとも呼ばれる。

具体的に、買い増しの方法として、同じアマウントを積み増していく 「イコール・ポジション・ピラミッディング」と
「10枚、5枚、2枚、1枚」と新規アマウントを減らして積み増す「スケール・ダウン・ピラミッディング」がある。

ナンピンの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  2. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  3. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  4. パリティ(parity)とは、同等であること。
  5. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  6. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  7. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  8. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  9. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  10. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...

アーカイブ