Topics

東京の仲値とは?ロンドンフィックスとNYオプションカットとは?

仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。

具体的には、TTS(円を外貨に交換する際のレート)とTTB(外貨を円に交換する際のレート)の平均値。

日本時間の午前9時55分頃に発表される。

仲値は、その日に適用されるレートとなる。

ロンドンフィックスとNYオプションカットとは?

東京時間の仲値に似た性質のものとして主に以下の2つがある。

ロンドンフィックス:日本時間午前0時(冬時間は午前1時)
ロンドンフィキシングともいう。

NYオプションカット:日本時間午後23時(冬時間は午後24時)

NYオプションカットは、カットオフタイムとも呼ばれる。
NYオプションカットは、通貨オプションの権利行使の最終的な締め切り時間のことです。

これら時間の為替レートが、その日の両替のレートや企業との取引レートとなるため、様々な思惑が働き値動きが激しい時間帯となる。

仲値の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  2. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  3. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  4. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  5. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  6. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  7. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  8. パリティ(parity)とは、同等であること。
  9. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  10. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。

アーカイブ