Topics

トンボとは?4つの寄引同事線のまとめ

トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。

トンボは、上ヒゲがない寄引同事線をいう。

トレンドの転換を示唆している。

寄引同事線とは、始値(読み方:はじめね)と終値(読み方:おわりね)が同じレートであることをいう。

このなかでも、トンボは、上ヒゲがない寄引同事線をいう。

寄引同事線の種類はこちら

寄引同事線の種類

左から
十字線:上ヒゲと下ヒゲが共に比較的短く、十の字に見える線
トンボ:上ヒゲがない十字線
トウバ:下ヒゲがない十字線
一本線:四値同値で上ヒゲも下ヒゲもない横一本の線

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  2. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  3. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  4. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  5. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  6. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  7. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  8. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  9. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  10. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...

アーカイブ