Topics

トンボとは?4つの寄引同事線のまとめ

トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。

トンボは、上ヒゲがない寄引同事線をいう。

トレンドの転換を示唆している。

寄引同事線とは、始値(読み方:はじめね)と終値(読み方:おわりね)が同じレートであることをいう。

このなかでも、トンボは、上ヒゲがない寄引同事線をいう。

寄引同事線の種類はこちら

寄引同事線の種類

左から
十字線:上ヒゲと下ヒゲが共に比較的短く、十の字に見える線
トンボ:上ヒゲがない十字線
トウバ:下ヒゲがない十字線
一本線:四値同値で上ヒゲも下ヒゲもない横一本の線

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  2. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  3. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  4. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  5. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  6. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  7. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  8. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  9. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  10. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。

アーカイブ