Topics

トンボとは?4つの寄引同事線のまとめ

トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。

トンボは、上ヒゲがない寄引同事線をいう。

トレンドの転換を示唆している。

寄引同事線とは、始値(読み方:はじめね)と終値(読み方:おわりね)が同じレートであることをいう。

このなかでも、トンボは、上ヒゲがない寄引同事線をいう。

寄引同事線の種類はこちら

寄引同事線の種類

左から
十字線:上ヒゲと下ヒゲが共に比較的短く、十の字に見える線
トンボ:上ヒゲがない十字線
トウバ:下ヒゲがない十字線
一本線:四値同値で上ヒゲも下ヒゲもない横一本の線

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  2. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  3. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  4. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  5. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  6. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  7. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  8. パリティ(parity)とは、同等であること。
  9. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  10. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...

アーカイブ