Topics

トレール注文(トレーリングストップ)とは?

トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。

トレーリングストップともいう。

レートの動きに応じて一定の値幅で逆指値価格が自動修正する。

トレール注文の具体的

トレーリングストップとは

100円でドル円ロング。
10ポイント逆方向に向かえば損切りのトレール注文。

はじめは、99.90円で損切り注文となる。
しかし、その後レートが順調に上昇し、101円まで上昇すれば損切り注文発注は100.90円となる。

購入したポジションがトレンドに順調に乗れば、損切りラインがどんどん上がってくということ。

トレール注文(トレーリングストップ)の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  2. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  3. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  4. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  5. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  6. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  7. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  8. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  9. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  10. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...

アーカイブ