Topics

トレール注文(トレーリングストップ)とは?

トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。

トレーリングストップともいう。

レートの動きに応じて一定の値幅で逆指値価格が自動修正する。

トレール注文の具体的

トレーリングストップとは

100円でドル円ロング。
10ポイント逆方向に向かえば損切りのトレール注文。

はじめは、99.90円で損切り注文となる。
しかし、その後レートが順調に上昇し、101円まで上昇すれば損切り注文発注は100.90円となる。

購入したポジションがトレンドに順調に乗れば、損切りラインがどんどん上がってくということ。

トレール注文(トレーリングストップ)の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  2. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  3. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...
  4. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...
  5. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  6. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  7. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  8. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  9. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  10. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。

アーカイブ