Topics

トレール注文(トレーリングストップ)とは?

トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。

トレーリングストップともいう。

レートの動きに応じて一定の値幅で逆指値価格が自動修正する。

トレール注文の具体的

トレーリングストップとは

100円でドル円ロング。
10ポイント逆方向に向かえば損切りのトレール注文。

はじめは、99.90円で損切り注文となる。
しかし、その後レートが順調に上昇し、101円まで上昇すれば損切り注文発注は100.90円となる。

購入したポジションがトレンドに順調に乗れば、損切りラインがどんどん上がってくということ。

トレール注文(トレーリングストップ)の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  2. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  3. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  4. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  5. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  6. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  7. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  8. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  9. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  10. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。

アーカイブ