Topics

トレール注文(トレーリングストップ)とは?

トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。

トレーリングストップともいう。

レートの動きに応じて一定の値幅で逆指値価格が自動修正する。

トレール注文の具体的

トレーリングストップとは

100円でドル円ロング。
10ポイント逆方向に向かえば損切りのトレール注文。

はじめは、99.90円で損切り注文となる。
しかし、その後レートが順調に上昇し、101円まで上昇すれば損切り注文発注は100.90円となる。

購入したポジションがトレンドに順調に乗れば、損切りラインがどんどん上がってくということ。

トレール注文(トレーリングストップ)の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  2. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  3. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  4. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  5. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  6. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  7. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  8. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  9. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  10. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。

アーカイブ