Topics

ドルペッグ制とは?

ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。

「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。

自国通貨とドルとの固定相場制を図る政策。

経済的に不安定な要素のある国の通貨レートをドルに連動させ、為替相場の変動の幅を制限または固定する。

基軸通貨である米ドルと連動させることで、自国通貨の安定をもたらし不安定な自国通貨変動リスクを防ぐというメリットがある。

ただ、アメリカの金利政策と連動しているため、自国の通貨政策に対する裁量の余地が乏しいというデメリットがある。
また、自国の経済実態と乖離して米ドル高が進行した場合、自国の通貨政策と経済運営に多大な影響を及ぼすリスクがある。

ドルペッグ制を採用している国

香港ドル(一定範囲内での変動を認めている)
エルサルバドル・コロン
パナマ・バルボア(硬貨のみ)
中東産油国(クウェートは2007年5月に撤退)

ドルペッグの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  2. レートアナウンスとは、政策金利発表のこと。
  3. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  4. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  5. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  6. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  7. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  8. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  9. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  10. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。

アーカイブ