Topics

ドルペッグ制とは?

ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。

「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。

自国通貨とドルとの固定相場制を図る政策。

経済的に不安定な要素のある国の通貨レートをドルに連動させ、為替相場の変動の幅を制限または固定する。

基軸通貨である米ドルと連動させることで、自国通貨の安定をもたらし不安定な自国通貨変動リスクを防ぐというメリットがある。

ただ、アメリカの金利政策と連動しているため、自国の通貨政策に対する裁量の余地が乏しいというデメリットがある。
また、自国の経済実態と乖離して米ドル高が進行した場合、自国の通貨政策と経済運営に多大な影響を及ぼすリスクがある。

ドルペッグ制を採用している国

香港ドル(一定範囲内での変動を認めている)
エルサルバドル・コロン
パナマ・バルボア(硬貨のみ)
中東産油国(クウェートは2007年5月に撤退)

ドルペッグの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  2. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  3. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  4. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  5. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  6. ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態...
  7. パリティ(parity)とは、同等であること。
  8. 期末・月末要因とは?期末・月末要因とは、企業の決算期・月末にそれまで外貨建てにしていた金融資...
  9. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  10. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。

アーカイブ