Topics

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。

価格が高い時は購入する量が少なくなり、価格が安い時は購入量が多くなるので平均購入単価を低くすることが期待でき、長期的投資に向いた投資手法といわれている。

インデックスノーロードの投資信託などでドルコスト平均法を行うことが有効といわれている。

ドルコスト平均法の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. レートアナウンスとは、政策金利発表のこと。
  2. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  3. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  4. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  5. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  6. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  7. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  8. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  9. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  10. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。

アーカイブ