Topics

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。

価格が高い時は購入する量が少なくなり、価格が安い時は購入量が多くなるので平均購入単価を低くすることが期待でき、長期的投資に向いた投資手法といわれている。

インデックスノーロードの投資信託などでドルコスト平均法を行うことが有効といわれている。

ドルコスト平均法の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  2. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  3. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  4. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  5. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  6. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  7. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  8. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  9. 期末・月末要因とは?期末・月末要因とは、企業の決算期・月末にそれまで外貨建てにしていた金融資...
  10. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。

アーカイブ