Topics

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。

価格が高い時は購入する量が少なくなり、価格が安い時は購入量が多くなるので平均購入単価を低くすることが期待でき、長期的投資に向いた投資手法といわれている。

インデックスノーロードの投資信託などでドルコスト平均法を行うことが有効といわれている。

ドルコスト平均法の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  2. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  3. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  4. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  5. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  6. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  7. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  8. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  9. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  10. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。

アーカイブ