Topics

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。

価格が高い時は購入する量が少なくなり、価格が安い時は購入量が多くなるので平均購入単価を低くすることが期待でき、長期的投資に向いた投資手法といわれている。

インデックスノーロードの投資信託などでドルコスト平均法を行うことが有効といわれている。

ドルコスト平均法の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  2. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  3. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  4. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  5. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  6. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  7. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  8. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  9. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  10. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...

アーカイブ