Topics

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。

価格が高い時は購入する量が少なくなり、価格が安い時は購入量が多くなるので平均購入単価を低くすることが期待でき、長期的投資に向いた投資手法といわれている。

インデックスノーロードの投資信託などでドルコスト平均法を行うことが有効といわれている。

ドルコスト平均法の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  2. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  3. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  4. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  5. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  6. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  7. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  8. 期末・月末要因とは?期末・月末要因とは、企業の決算期・月末にそれまで外貨建てにしていた金融資...
  9. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  10. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。

アーカイブ