Topics

ドテン取引とは?

ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。

買建て(ロング)している場合は決済して売建て(ショート)にするということ。

ドテン取引のトレード例

ドテン取引

このように、うまくハマれば大きく利益を伸ばすことができれば、失敗すれば往復ビンタをもらうことになる。

ドテン取引の具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  2. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  3. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  4. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  5. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  6. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  7. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  8. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  9. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  10. ダン(done)とは、取引が成立したこと。

アーカイブ