Topics

投機とは?投機と投資の違い。

投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。

投資と投機の違いとはリスクプレミアムの有無

投資と投機の違いは、リスクプレミアムの有無にある。

投資(インベストメントInvestment)の場合、生産活動に対して資本を提供する形で参加することになる。

この際、投資対象がプライシングされる際には、リスクに見合ったリスクプレミアム込みの利回りで将来に予想されるキャッシュフローが割り引かれて価格が決定される。

つまり、投資はプライシングにリスクを補償するリスクプレミアムが反映していることが期待できる。

他方、投機(スペキュレーションSpeculation)の場合は、市場の参加者がお互いの見通しの違いに賭けてゼロサムゲームに参加する構造になっている。

よって市場の参加者はリスクを負っているものの、売り方と買い方の損益の合計はゼロである。

つまり、投機は、リスクを補償する超過リターン(リスクプレミアム)が期待できない。

参照:山崎元「ホンネの投資教室」

一般に、投機を「ハイリスクハイリターン」、投資をその逆と捉えるのは間違いである。

投機の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  2. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  3. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  4. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  5. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  6. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  7. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  8. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  9. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  10. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...

アーカイブ