Topics

デルタヘッジとは?

デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想と反対の直物取引を行うこと。
通常、元本の50%未満の反対取引をする。

デルタとは、原商品の価格が1単位動いたときにオプション・プレミアムがどれだけ変化するかを表すリスク指標のこと。

デルタは0から1の間で変化し、アット・ザ・マネー付近では約0.5となり、アウト・オブ・ザ・マネーになるほど0に近づき、イン・ザ・マネーになるほど1に近づく。

デルタヘッジの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  2. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  3. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  4. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  5. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  6. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  7. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  8. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  9. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  10. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。

アーカイブ