Topics

デルタヘッジとは?

デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想と反対の直物取引を行うこと。
通常、元本の50%未満の反対取引をする。

デルタとは、原商品の価格が1単位動いたときにオプション・プレミアムがどれだけ変化するかを表すリスク指標のこと。

デルタは0から1の間で変化し、アット・ザ・マネー付近では約0.5となり、アウト・オブ・ザ・マネーになるほど0に近づき、イン・ザ・マネーになるほど1に近づく。

デルタヘッジの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  2. バリアオプションとは、オプションの一種。
  3. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  4. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  5. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  6. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  7. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  8. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。
  9. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  10. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。

アーカイブ