Topics

デルタヘッジとは?

デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想と反対の直物取引を行うこと。
通常、元本の50%未満の反対取引をする。

デルタとは、原商品の価格が1単位動いたときにオプション・プレミアムがどれだけ変化するかを表すリスク指標のこと。

デルタは0から1の間で変化し、アット・ザ・マネー付近では約0.5となり、アウト・オブ・ザ・マネーになるほど0に近づき、イン・ザ・マネーになるほど1に近づく。

デルタヘッジの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  2. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  3. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  4. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  5. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  6. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  7. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  8. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  9. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  10. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。

アーカイブ