Topics

デカップリング論とは?

デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を維持しながら、世界経済を牽引していくという考え方のこと。

デカップリング(decoupling)とはもともと「切り離す」という意味。

反対用語のリカップリング論とは?

しかし、アメリカのサブプライムローンが焦げついた問題が、世界規模で経済や金融に影響を与えていることから、否定的な立場をとる考え(これをリカップリング論という)もある。

デカップリングの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  2. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  3. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  4. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  5. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  6. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  7. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  8. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  9. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  10. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...

アーカイブ