Topics

デカップリング論とは?

デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を維持しながら、世界経済を牽引していくという考え方のこと。

デカップリング(decoupling)とはもともと「切り離す」という意味。

反対用語のリカップリング論とは?

しかし、アメリカのサブプライムローンが焦げついた問題が、世界規模で経済や金融に影響を与えていることから、否定的な立場をとる考え(これをリカップリング論という)もある。

デカップリングの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  2. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  3. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  4. バリアオプションとは、オプションの一種。
  5. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  6. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  7. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  8. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  9. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  10. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。

アーカイブ