Topics

抵抗線(レジスタンスライン)とは?

抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。

レジスタンスラインとは

何度もそのポイントで反落をくりかえすほどそのラインはテクニカル上強固になる。

反対語は、支持線(サポートライン)で反発するとみられるポイントをいう。

抵抗線(レジスタンスライン)の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  2. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  3. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  4. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  5. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  6. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  7. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  8. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  9. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  10. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。

アーカイブ