Topics

抵抗線(レジスタンスライン)とは?

抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。

レジスタンスラインとは

何度もそのポイントで反落をくりかえすほどそのラインはテクニカル上強固になる。

反対語は、支持線(サポートライン)で反発するとみられるポイントをいう。

抵抗線(レジスタンスライン)の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  2. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  3. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  4. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  5. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  6. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  7. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  8. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  9. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  10. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。

アーカイブ