Topics

抵抗線(レジスタンスライン)とは?

抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。

レジスタンスラインとは

何度もそのポイントで反落をくりかえすほどそのラインはテクニカル上強固になる。

反対語は、支持線(サポートライン)で反発するとみられるポイントをいう。

抵抗線(レジスタンスライン)の具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  2. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  3. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  4. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  5. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  6. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  7. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  8. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  9. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  10. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。

アーカイブ