Topics

アービトラージ(アビトラ)とは?

アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売ることで、理論上のリスクを持たずに収益を求めるトレードのこと。 価格差を利用してさや取りをする取引のことで、裁定(さいてい)取引とも呼ばれる。

具体例

アビトラは、異なるFX会社で行うことができる。
(例えば、GMOクリック証券と楽天FX等)

例えば、
GMOクリック証券のドル円のレートが「BID(売り):100.20 ASK(買い):100.23」
楽天証券FXのドル円のレートが「BID(売り):100.15 ASK(買い):100.18」の時。

GMOクリックでBID(売り):100.20、
楽天証券FXでASK(買い):100.18でそれぞれ注文すると、理論的には2ポイント収益を得られる。

相対取引とはいえ通常ここまで価格差が生じることは少ないが、0.2〜0.3ポイント程度ならボラティリティが大きい時は生じることはあり、実際にトレードしている人も多い。

特にリクイディティが少ない日本時間早朝などは、レートが乖離しやすくそのタイミングを狙ってアビトラを仕掛けるトレーダーが多い。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  2. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  3. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  4. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...
  5. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  6. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  7. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  8. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  9. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  10. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...

アーカイブ