Topics

アービトラージ(アビトラ)とは?

アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売ることで、理論上のリスクを持たずに収益を求めるトレードのこと。 価格差を利用してさや取りをする取引のことで、裁定(さいてい)取引とも呼ばれる。

具体例

アビトラは、異なるFX会社で行うことができる。
(例えば、GMOクリック証券と楽天FX等)

例えば、
GMOクリック証券のドル円のレートが「BID(売り):100.20 ASK(買い):100.23」
楽天証券FXのドル円のレートが「BID(売り):100.15 ASK(買い):100.18」の時。

GMOクリックでBID(売り):100.20、
楽天証券FXでASK(買い):100.18でそれぞれ注文すると、理論的には2ポイント収益を得られる。

相対取引とはいえ通常ここまで価格差が生じることは少ないが、0.2〜0.3ポイント程度ならボラティリティが大きい時は生じることはあり、実際にトレードしている人も多い。

特にリクイディティが少ない日本時間早朝などは、レートが乖離しやすくそのタイミングを狙ってアビトラを仕掛けるトレーダーが多い。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  2. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  3. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  4. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  5. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  6. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  7. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  8. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  9. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  10. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。

アーカイブ