Topics

チョッピーとは?

チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。

流動性(リクイディティ)が低い場合に起こりやすく、レンジ内であるが、値動きが荒れている状態をいう。

こういった場面では各FX会社のレートが寄るので、アビトラ(アービトラージ)の機会と捉えトレードする投資家も多い。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  2. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  3. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  4. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  5. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  6. 政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の...
  7. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  8. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  9. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  10. バリアオプションとは、オプションの一種。

アーカイブ