Topics

チョッピーとは?

チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。

流動性(リクイディティ)が低い場合に起こりやすく、レンジ内であるが、値動きが荒れている状態をいう。

こういった場面では各FX会社のレートが寄るので、アビトラ(アービトラージ)の機会と捉えトレードする投資家も多い。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ファンダメンタルズ分析とは、FXの分析アプローチの一つ。
  2. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  3. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  4. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  5. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  6. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  7. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  8. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  9. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  10. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...

アーカイブ