Topics

提灯買いとは?

提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。)」という言葉から出た用語。

ちょうちん買いとは

自分の意志ではなく、別の投資家の真似をして取引をすること。

例えば、大口の投資家主導で株価が上昇していくときに、個人投資家などの小口の投資家がそれにつられて買いに走る状態をいう。
提灯をつけるともいう。

提灯買いの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  2. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  3. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  4. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  5. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  6. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  7. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  8. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  9. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  10. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。

アーカイブ