Topics

提灯買いとは?

提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。)」という言葉から出た用語。

ちょうちん買いとは

自分の意志ではなく、別の投資家の真似をして取引をすること。

例えば、大口の投資家主導で株価が上昇していくときに、個人投資家などの小口の投資家がそれにつられて買いに走る状態をいう。
提灯をつけるともいう。

提灯買いの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  2. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  3. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  4. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  5. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  6. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  7. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  8. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  9. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  10. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...

アーカイブ