Topics

提灯買いとは?

提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。)」という言葉から出た用語。

ちょうちん買いとは

自分の意志ではなく、別の投資家の真似をして取引をすること。

例えば、大口の投資家主導で株価が上昇していくときに、個人投資家などの小口の投資家がそれにつられて買いに走る状態をいう。
提灯をつけるともいう。

提灯買いの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  2. 順張り(じゅんばり)とは、トレンドに沿って売買するトレード方法。
  3. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  4. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  5. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  6. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  7. センチメントディーリングとは、市場参加者の心理状態(センチメント)に沿ったトレーディングを行うこと。
  8. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  9. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  10. パリティ(parity)とは、同等であること。

アーカイブ