Topics

提灯買いとは?

提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。)」という言葉から出た用語。

ちょうちん買いとは

自分の意志ではなく、別の投資家の真似をして取引をすること。

例えば、大口の投資家主導で株価が上昇していくときに、個人投資家などの小口の投資家がそれにつられて買いに走る状態をいう。
提灯をつけるともいう。

提灯買いの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  2. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  3. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  4. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  5. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  6. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  7. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  8. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  9. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  10. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...

アーカイブ