Topics

提灯買いとは?

提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。)」という言葉から出た用語。

ちょうちん買いとは

自分の意志ではなく、別の投資家の真似をして取引をすること。

例えば、大口の投資家主導で株価が上昇していくときに、個人投資家などの小口の投資家がそれにつられて買いに走る状態をいう。
提灯をつけるともいう。

提灯買いの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  2. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  3. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  4. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  5. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  6. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  7. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...
  8. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  9. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  10. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。

アーカイブ