Topics

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態のこと。

基調転換のサインとして非常に重要視される。

ダイバージェンスの具体例

例えば以下のように高値を切り上げているのに、RSIは切り下がっているケースがあります。

ダイバージェンスの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  2. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  3. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  4. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  5. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  6. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  7. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  8. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  9. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  10. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...

アーカイブ