Topics

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態のこと。

基調転換のサインとして非常に重要視される。

ダイバージェンスの具体例

例えば以下のように高値を切り上げているのに、RSIは切り下がっているケースがあります。

ダイバージェンスの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  2. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  3. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  4. パリティ(parity)とは、同等であること。
  5. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  6. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  7. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  8. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  9. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  10. ベーシスポイント(bp)とは、金利単位の呼び方。0.01%のこと。

アーカイブ