Topics

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態のこと。

基調転換のサインとして非常に重要視される。

ダイバージェンスの具体例

例えば以下のように高値を切り上げているのに、RSIは切り下がっているケースがあります。

ダイバージェンスの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  2. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  3. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  4. リクイディティとは、市場における流動性のこと。
  5. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  6. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  7. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  8. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  9. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  10. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。

アーカイブ