Topics

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態のこと。

基調転換のサインとして非常に重要視される。

ダイバージェンスの具体例

例えば以下のように高値を切り上げているのに、RSIは切り下がっているケースがあります。

ダイバージェンスの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  2. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  3. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  4. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  5. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  6. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  7. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  8. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  9. パリティ(parity)とは、同等であること。
  10. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。

アーカイブ