Topics

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、チャート上で、実際の価格値動きとオシレーター指標の示す動き方が逆行している状態のこと。

基調転換のサインとして非常に重要視される。

ダイバージェンスの具体例

例えば以下のように高値を切り上げているのに、RSIは切り下がっているケースがあります。

ダイバージェンスの具体例

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  2. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  3. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  4. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  5. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  6. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  7. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  8. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  9. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  10. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...

アーカイブ