Topics

大統領サイクルとは?

大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの考え方です。

「アメリカの株価は、中間選挙の年が底値で、大統領選挙の年まで上昇する」というのが、代表的な理論です。

また、為替については、大統領選挙の年は「ドル高政策」を採る傾向があります。
これは、ドルが弱いと政権与党の印象が悪くなるためといわれています。

大統領選挙は2016年の以下のスケジュールです。

7月18日 – 21日:共和党全国大会
7月25日 – 28日:民主党全国大会
11月8日:一般有権者による投票および開票
12月中旬:選挙人による投票

大統領サイクルとは

ドル高は進むのでしょうか(2016年9月現在102円前後)。

大統領4年の任期のうちもっとも投資パフォーマンスいい年と悪い年は?

大統領の4年の任期のうちで、最も株式市場のパフォーマンスが悪いのは、大統領選挙の翌年といわれています。

これは、新しく大統領になった人は就任早々、膨張し過ぎた政府予算をなんとか立て直すために支出絞り込みを行なう場合が多いためといわれています。

逆に、就任3年目のパフォーマンスが一番いいといわれています。
これは、現職の大統領が再選を目指して選挙が近くなると、景気対策のための方策を打ち出すからだと言われています。

オバマ氏のように2期8年間やる人はどうなるんでしょうね。

大統領サイクルの具体例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  2. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  3. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  4. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  5. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  6. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  7. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  8. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  9. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  10. バリアオプションとは、オプションの一種。

アーカイブ