Topics

セリングクライマックスとは?

セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の投資マインドが冷え込み、売りが売りを呼ぶように取引高を伴い相場下落が進む状況のこと。

ポジションを持っているほとんどのFXトレーダーが「もうダメだ」と悲観的になりパニックを起こし、一斉に売ることでさらに売りが加速するという大暴落のこと。

略してセリクラとも言う。

セリングクライマックスの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  2. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  3. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  4. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  5. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  6. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  7. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  8. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  9. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  10. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。

アーカイブ