Topics

セリングクライマックスとは?

セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の投資マインドが冷え込み、売りが売りを呼ぶように取引高を伴い相場下落が進む状況のこと。

ポジションを持っているほとんどのFXトレーダーが「もうダメだ」と悲観的になりパニックを起こし、一斉に売ることでさらに売りが加速するという大暴落のこと。

略してセリクラとも言う。

セリングクライマックスの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  2. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  3. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  4. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  5. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  6. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  7. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  8. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  9. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  10. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。

アーカイブ