Topics

政策金利とは?

政策金利とは、中央銀行の金融政策によって決められる貸し出しを行なう際の金利、または各国の金融政策上の目標となる金利のこと。

景気が良い場合は、高く金利が設定され預貯金やローンの金利も上がる。
景気が悪い場合は、低く金利が設定され通貨の流通を促す。

日本ではこの事を無担保コール翌日物と呼ぶ。
米国はFFレート、ユーロ圏は主要ファイナンシング・オペレートという。

各国政策金利一覧(外為どっとコム)

世界の政策金利

政策金利の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  2. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  3. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  4. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  5. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  6. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  7. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  8. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  9. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  10. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...

アーカイブ