Topics

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。

金利を高い通貨を買う(金利の安い通貨を売る)ことで、決済するまで毎日スワップポイント(祝日、休日を含む)を受け取ることができる。

逆の場合はスワップポイントを支払うことになる。

特に南アフリカランドZARやオーストラリアドルAUDなどは高金利通貨とされ、スワップポイント狙いの長期保有の投資家も多い。

大手FX会社(YJFX)のスワップポイントはこちら。

YJFXの場合毎日、ニューヨーククローズ(NYCL)時の5:55(冬時間は6:55)に保有していた場合に付与される。

具体的にスワップポイントはどのくらいもらえるのか?

南アフリカランド円を10万通貨「買い」で、1日13円のスワップポイントがつく(2016年9月現在)。

そうすると1年間で約4,745円。

南アフリカランドのレート=7.11円(2016年9月現在)

10万通貨を25倍レバレッジで購入すると、28,440円から購入可能。

 

つまり、28,440円で「10万通貨買い」で1年間放置すると、約4,745円をスワップ収入を受け取ることができる。
金利にして16.68%。

このようなレバレッジによっては超高金利運用が可能なのでスワップ目的でFXをしているトレーダーもいるくらいである。

貯金感覚FX

 

ただ、レートは変動してロスカットや追証の危険性があるので、証拠金維持率を十分保つ必要がある。

またスワップポイントも一定ではなく状況により減る(さらには逆転する)こともあるので注意が必要。

スワップポイントの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  2. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  3. バリアオプションとは、オプションの一種。
  4. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  5. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  6. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  7. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  8. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  9. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  10. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...

アーカイブ