Topics

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。

金利を高い通貨を買う(金利の安い通貨を売る)ことで、決済するまで毎日スワップポイント(祝日、休日を含む)を受け取ることができる。

逆の場合はスワップポイントを支払うことになる。

特に南アフリカランドZARやオーストラリアドルAUDなどは高金利通貨とされ、スワップポイント狙いの長期保有の投資家も多い。

大手FX会社(YJFX)のスワップポイントはこちら。

YJFXの場合毎日、ニューヨーククローズ(NYCL)時の5:55(冬時間は6:55)に保有していた場合に付与される。

具体的にスワップポイントはどのくらいもらえるのか?

南アフリカランド円を10万通貨「買い」で、1日13円のスワップポイントがつく(2016年9月現在)。

そうすると1年間で約4,745円。

南アフリカランドのレート=7.11円(2016年9月現在)

10万通貨を25倍レバレッジで購入すると、28,440円から購入可能。

 

つまり、28,440円で「10万通貨買い」で1年間放置すると、約4,745円をスワップ収入を受け取ることができる。
金利にして16.68%。

このようなレバレッジによっては超高金利運用が可能なのでスワップ目的でFXをしているトレーダーもいるくらいである。

貯金感覚FX

 

ただ、レートは変動してロスカットや追証の危険性があるので、証拠金維持率を十分保つ必要がある。

またスワップポイントも一定ではなく状況により減る(さらには逆転する)こともあるので注意が必要。

スワップポイントの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  2. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  3. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  4. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  5. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  6. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  7. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  8. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  9. ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
  10. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。

アーカイブ