Topics

スリッページとは?

スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと。

通常時は価格通りの約定となるが、市場が何らかの理由で大きく変動した場合は、スリッページが発生しやすくなる。

また、成行注文の場合に生じる、発注レートと実際に約定したレートとの差のことも指す。
相場の急落等、市場状況により、このスリッページが大きくなる場合がある。

FX会社では、成行注文(リアルタイム注文)において、スリッページ設定機能を用意しているところも多い(逆指値注文の場合は制限できない)。
ただ、相場変動時にスリッページ設定をキツく行っていると約定拒否(リジェクトという)が起こりやすい。

スリッページの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. コアインフレとは、物価指数によって観測される物価変動のうち、一時的な変動を除去した基調的なインフレの...
  2. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  3. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  4. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  5. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  6. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  7. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  8. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  9. ブレイクアウトとは、サポートやレジスタンスポイントを抜け、一気に流れが加速するような状態のこと。
  10. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。

アーカイブ