Topics

スリッページとは?

スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと。

通常時は価格通りの約定となるが、市場が何らかの理由で大きく変動した場合は、スリッページが発生しやすくなる。

また、成行注文の場合に生じる、発注レートと実際に約定したレートとの差のことも指す。
相場の急落等、市場状況により、このスリッページが大きくなる場合がある。

FX会社では、成行注文(リアルタイム注文)において、スリッページ設定機能を用意しているところも多い(逆指値注文の場合は制限できない)。
ただ、相場変動時にスリッページ設定をキツく行っていると約定拒否(リジェクトという)が起こりやすい。

スリッページの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  2. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  3. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  4. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  5. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  6. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  7. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  8. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  9. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。
  10. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...

アーカイブ