Topics

スポット取引(直物取引)とは?

スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。

2営業日後を受渡日(決済日)とする。
(USD/CAD(ドルカナダ)は1営業日後)

直物(じきもの)取引ともいう。

反対語はフォワード取引(先物為替)。

フォワード取引とは?

フォワード取引とは、スポット以外の受渡日がある取引をいう。
例えば、企業が1か月後に為替予約をする取引など。

先物為替取引ともいう。

フォワードレートは、一般的に以下の公式が当てはまる。
フォワードレート = スポットレート + スワップレート

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  2. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  3. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  4. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  5. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  6. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  7. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  8. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  9. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  10. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...

アーカイブ