Topics

スポット取引(直物取引)とは?

スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。

2営業日後を受渡日(決済日)とする。
(USD/CAD(ドルカナダ)は1営業日後)

直物(じきもの)取引ともいう。

反対語はフォワード取引(先物為替)。

フォワード取引とは?

フォワード取引とは、スポット以外の受渡日がある取引をいう。
例えば、企業が1か月後に為替予約をする取引など。

先物為替取引ともいう。

フォワードレートは、一般的に以下の公式が当てはまる。
フォワードレート = スポットレート + スワップレート

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  2. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  3. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  4. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  5. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  6. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  7. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  8. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...
  9. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  10. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...

アーカイブ