Topics

スポット取引(直物取引)とは?

スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。

2営業日後を受渡日(決済日)とする。
(USD/CAD(ドルカナダ)は1営業日後)

直物(じきもの)取引ともいう。

反対語はフォワード取引(先物為替)。

フォワード取引とは?

フォワード取引とは、スポット以外の受渡日がある取引をいう。
例えば、企業が1か月後に為替予約をする取引など。

先物為替取引ともいう。

フォワードレートは、一般的に以下の公式が当てはまる。
フォワードレート = スポットレート + スワップレート

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  2. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  3. レートアナウンスとは、政策金利発表のこと。
  4. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  5. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  6. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  7. ピラミッディングトレード(手法)とは、利乗せのこと。 上がったら買い足すことを繰り返す手法。
  8. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  9. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  10. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。

アーカイブ