Topics

ストップ観測とは?

ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。

このストップ観測目指して相場を買い上げ、ストップを巻き込んで上昇を加速させることをショートスクイーズという。
さらに、このストップロスを巻き込んで上昇する相場をSロスドリブン(エスロスドリブン・ストップロス)ともいう。

ストップ観測の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  2. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  3. FX取引において、新規のポジションを持つ為に必要な金額。
  4. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  5. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  6. ドルペッグ制とは、固定相場制の一つ。「ペッグ」とは、「固定相場」のこと。
  7. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。
  8. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  9. 強気相場とは、相場が上昇傾向にあること。上昇トレンドをいう。こういった格言もある。
  10. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。

アーカイブ