Topics

ストップ観測とは?

ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。

このストップ観測目指して相場を買い上げ、ストップを巻き込んで上昇を加速させることをショートスクイーズという。
さらに、このストップロスを巻き込んで上昇する相場をSロスドリブン(エスロスドリブン・ストップロス)ともいう。

ストップ観測の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  2. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  3. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...
  4. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  5. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  6. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  7. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  8. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  9. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  10. リスク管理(リスク・マネージメント、リスクマネジメント)とは、FXにおいてあらかじめ予想、または、隠...

アーカイブ