Topics

ストップロス(損切り)とは?

ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
損切り注文、ストップ注文とも呼ばれる。

FXトレードにおいて最も重要なものの一つ。

多くの素人(場合によっては玄人も)は、この損切りができないために損失を拡大し、資産に大打撃を与えてマーケットから退場する。

ストップロス(損切り)の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  2. プライムレートとは、銀行が企業に対して資金を貸し出す際の最低金利のこと。
  3. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  4. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  5. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  6. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  7. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  8. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。
  9. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  10. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...

アーカイブ