Topics

ストップロス(損切り)とは?

ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
損切り注文、ストップ注文とも呼ばれる。

FXトレードにおいて最も重要なものの一つ。

多くの素人(場合によっては玄人も)は、この損切りができないために損失を拡大し、資産に大打撃を与えてマーケットから退場する。

ストップロス(損切り)の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  2. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  3. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  4. アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。
  5. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  6. 相対(あいたい)取引とは、取引所を通さず、売買を行う当事者間で数量、価格等を決めて行う取引のこと。
  7. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  8. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  9. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  10. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。

アーカイブ