Topics

ストップロス(損切り)とは?

ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
損切り注文、ストップ注文とも呼ばれる。

FXトレードにおいて最も重要なものの一つ。

多くの素人(場合によっては玄人も)は、この損切りができないために損失を拡大し、資産に大打撃を与えてマーケットから退場する。

ストップロス(損切り)の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  2. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  3. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  4. バリアオプションとは、オプションの一種。
  5. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  6. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  7. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  8. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...
  9. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  10. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...

アーカイブ