Topics

スタグフレーションとは?2016年の日本はどうなのか?

スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。

物価が上昇するが、賃金は上がらず消費が落ちていく状態なので経済にとってはマイナス。

「stagnation(停滞)」と「inflation(インフレーション)」の合成語で、経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態を指す。

日本でも、アベノミクスにより物価が上昇するが賃金が上がらず消費が落ちていく「アベノミクス・スタグフレーション」が今後起こりうるという意見もある。(2016年9月現在)

スタグフレーションの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  2. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。
  3. ストップ観測とは、その水準にストップロス(損切り注文)が集まっているという観測・思惑のこと。
  4. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  5. デフォルトとは、債務不履行のことで利払いや元本の償還ができなくなること。
  6. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  7. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  8. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  9. 一定方向への価格の動きのこと。上昇トレンド、下落トレンド(または下降トレンド)がある。
  10. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。

アーカイブ