Topics

スタグフレーションとは?2016年の日本はどうなのか?

スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。

物価が上昇するが、賃金は上がらず消費が落ちていく状態なので経済にとってはマイナス。

「stagnation(停滞)」と「inflation(インフレーション)」の合成語で、経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態を指す。

日本でも、アベノミクスにより物価が上昇するが賃金が上がらず消費が落ちていく「アベノミクス・スタグフレーション」が今後起こりうるという意見もある。(2016年9月現在)

スタグフレーションの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  2. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  3. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  4. イースターとは、キリストの復活を記念した日で復活祭と言われる。
  5. バイナリーオプションとは、将来の為替レートが、設定されている目標レートを上回っているか、下回っている...
  6. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  7. ランダム・ウォーク理論とは、相場の値動きを予測することは不可能だという理論。
  8. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  9. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  10. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。

アーカイブ