Topics

スクエア(スクウェア)とは?

スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。

つまりポジションをまったく保有していない状態、または両建てをして、売りと買いのアマウントが同じ状態を指す。

これ以外の状態をロング(買い)、ショート(売り)という。

 

スクエアの使用例(ポジションスクエア)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  2. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  3. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  4. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  5. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  6. スターバックス・トールラテ指数とは、購買力平価の考え方に基づき、スターバックスのラテ(ミルク入りエス...
  7. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  8. 追証(おいしょう)とは、FXにおいて、相場の変動により、差し入れている「委託(預託)している」証拠金...
  9. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  10. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...

アーカイブ