Topics

スクエア(スクウェア)とは?

スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。

つまりポジションをまったく保有していない状態、または両建てをして、売りと買いのアマウントが同じ状態を指す。

これ以外の状態をロング(買い)、ショート(売り)という。

 

スクエアの使用例(ポジションスクエア)


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  2. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  3. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  4. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  5. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  6. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  7. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  8. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  9. スタグフレーションとは、景気停滞にもかかわらず、物価が上昇する状態が続くこと。
  10. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。

アーカイブ