Topics

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返すトレード手法のこと。
通常1、2ティック程度で利益確定をする。

略してスキャルともいう。

FX会社のドル円のスプレッドが0.3銭などになってきたことからこういった手法をするトレーダーは増えてきた。
逆にスプレッドがワイドなマイナー通貨などでやるとスプレッド分損をすることになりかねないので注意が必要。

スキャルピングの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  2. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  3. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  4. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  5. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  6. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  7. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  8. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  9. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  10. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...

アーカイブ