Topics

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返すトレード手法のこと。
通常1、2ティック程度で利益確定をする。

略してスキャルともいう。

FX会社のドル円のスプレッドが0.3銭などになってきたことからこういった手法をするトレーダーは増えてきた。
逆にスプレッドがワイドなマイナー通貨などでやるとスプレッド分損をすることになりかねないので注意が必要。

スキャルピングの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  2. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  3. バリューデート(Value date)とは、受渡日(うけわたしび)のこと。
  4. テクニカル分析とは、過去の値動き、出来高等をもとに将来の値動きを予測する分析方法。
  5. ショートスクイーズとは、他人の売りポジションの損切り注文の価格レベルを推測し、それを約定させるために...
  6. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  7. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  8. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  9. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。
  10. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...

アーカイブ