Topics

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返すトレード手法のこと。
通常1、2ティック程度で利益確定をする。

略してスキャルともいう。

FX会社のドル円のスプレッドが0.3銭などになってきたことからこういった手法をするトレーダーは増えてきた。
逆にスプレッドがワイドなマイナー通貨などでやるとスプレッド分損をすることになりかねないので注意が必要。

スキャルピングの使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  2. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  3. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  4. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  5. トレンドフォローとは、マーケットの動きやトレンドについていくトレード方法。順張りともいう。
  6. 一段高(いちだんだか)とは、上昇傾向のトレンドがさらに高くなること。
  7. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  8. ダン(done)とは、取引が成立したこと。
  9. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。
  10. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。

アーカイブ