Topics

ジリ高とは?

ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。

逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。

ジリ高の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  2. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  3. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  4. フェイバーとは、保有しているポジションを時価評価した際、評価益となっている状態のこと。
  5. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  6. 購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水...
  7. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  8. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  9. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  10. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。

アーカイブ