Topics

ジリ高とは?

ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。

逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。

ジリ高の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  2. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。
  3. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  4. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。
  5. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  6. ナンピン(難平)とは、保有している通貨ペアが下がったときに、さらに買い増しをすること。
  7. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  8. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  9. ビッグマック指数とは、購買力平価の考えにもとづいた指数の一つ。
  10. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...

アーカイブ