Topics

証拠金維持率とは?

証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割合のこと。

具体的には

10万円を入金、ドル円1万通貨買い(1ドル100円、レバレッジ25倍)の場合

「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」→4万円(1万ドル、1ドル100円、レバレッジ25倍)

有効証拠金→10万円

よって証拠金維持率は10/4=250%となる。

 

参照(YJFX)

証拠金維持率とは
この維持率が一定以下になるとロスカットになる。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  2. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...
  3. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  4. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  5. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  6. ソフトランディングとは、経済が次の成長局面に以降するとき、円滑正常に移行していくこと。
  7. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  8. 抵抗線(レジスタンスライン)とは、反落すると見られる抵抗ポイントのこと。
  9. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  10. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...

アーカイブ