Topics

シカゴVIX指数とは?

シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプションの値動きを表した指数。
別名「恐怖指数」ともいわれ、恐怖心を反映する指数とされる。

読み方はシカゴヴィックス指数。

単純にVIX指数ともいわれる。

また、これとは別に日経平均について同様の手法で算出される日経ボラティリティインデックス(日経VI)という指数も存在する。(2010年11月から算出)

VIX指数は、通常時10~20の範囲内で動き、相場の先行きに不安が生じた時に数値が大きく上昇する。

2008年10月にリーマンショックが起きたときに過去最高値89.53を記録。

シカゴVIX指数の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ボラティリティ(Volatility)とは、価格の変動率のこと。
  2. 地政学的リスクとは、政治的、軍事的緊張の高まりから世界経済の先行きが不透明になるリスクのこと。
  3. サブプライムローンとは、通常の融資を受けることのできない信用力の低い人に貸し付ける住宅ローンのこと。
  4. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  5. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  6. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  7. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  8. トレール注文とは、ストップ(逆指値)注文に値幅指定機能(トレール)を付けた注文方法。
  9. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  10. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。

アーカイブ