Topics

サマータイム(夏時間)とは?

サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。
アメリカでは3月の第2日曜日午前2時から11月の第1日曜日午前2時まで。
(ヨーロッパでは3月の最終日曜日午前1時から10月の最終日曜日午前1時まで。)

夏時間ともよばれる。

FXではアメリカにならい、「3月の第2日曜日から11月の第1日曜日」までをサマータイムとしている。
1年のうちサマータイムの期間の方が長い。

サマータイムになると、雇用統計等重要指標の発表時間も1時間変わってくるので注意。
雇用統計 22:30(サマータイムは21:30)。

関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 期末・月末要因とは?期末・月末要因とは、企業の決算期・月末にそれまで外貨建てにしていた金融資...
  2. レパトリエーション(Repatriation)とは、市場環境に大きな不安定要素が発生した時にリスク資...
  3. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  4. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  5. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  6. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  7. 日銀短観とは、日銀が四半期(4,7,10,12月)に一度発表する「企業短期経済観測調査」のこと。
  8. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  9. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  10. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。

アーカイブ