Topics

FXで最重要の経済指標、雇用統計とは?

アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。

時間は、日本時間午後10時30分(夏時間は午後9時30分、)。

その中でも、非農業部門雇用者数(NFP)と失業率が注目される。

雇用統計過去データはこちら(外為どっとコム)

雇用統計とは

非農業部門雇用者数(NFP)とは?

非農業部門雇用者数(NFP)とは、事業所調査によって、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計された就業者数。経済政策変更のきっかけとなる事が多い。

非農業部門雇用者数(NFP)などの過去詳細データはこちら(みんなの外為)

NFPの過去データ

使用例はこちら


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  2. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  3. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  4. ストップロスとは、損失拡大を防ぐために、決済をして損失を確定させること。
  5. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  6. Pips(ピプス)とは、FXの通貨ペアのレートの最少単位のこと。呼び方は、ピップスともいう。
  7. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  8. キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。
  9. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  10. スポット取引とは、一般にニュースや新聞等で報道されるレートを取引すること。

アーカイブ