Topics

FXで最重要の経済指標、雇用統計とは?

アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。

時間は、日本時間午後10時30分(夏時間は午後9時30分、)。

その中でも、非農業部門雇用者数(NFP)と失業率が注目される。

雇用統計過去データはこちら(外為どっとコム)

雇用統計とは

非農業部門雇用者数(NFP)とは?

非農業部門雇用者数(NFP)とは、事業所調査によって、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計された就業者数。経済政策変更のきっかけとなる事が多い。

非農業部門雇用者数(NFP)などの過去詳細データはこちら(みんなの外為)

NFPの過去データ

使用例はこちら


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  2. 半値押し(読み方:はんねおし)とは、相場が上昇したあと、2分の1を戻す(下げる)こと。
  3. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  4. ネットポジションとは、買いポジションと売りポジションを引いた実質的なポジションの数のこと。
  5. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  6. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  7. アベレージ(平均)コストとは、FX取引を繰り返した場合の平均のポジションのレートのこと。
  8. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。
  9. 仲値(読み方:なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引の際の基準レートのこと。
  10. 通貨当局とは、政府および中央銀行のこと。日本の場合、財務省と日本銀行をいう。

アーカイブ