Topics

FXで最重要の経済指標、雇用統計とは?

アメリカの労働省が、毎月第1金曜日に発表する雇用に関する統計。

時間は、日本時間午後10時30分(夏時間は午後9時30分、)。

その中でも、非農業部門雇用者数(NFP)と失業率が注目される。

雇用統計過去データはこちら(外為どっとコム)

雇用統計とは

非農業部門雇用者数(NFP)とは?

非農業部門雇用者数(NFP)とは、事業所調査によって、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計された就業者数。経済政策変更のきっかけとなる事が多い。

非農業部門雇用者数(NFP)などの過去詳細データはこちら(みんなの外為)

NFPの過去データ

使用例はこちら


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  2. デカップリング論とは、アメリカ経済が停滞しても、中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国が高成長を...
  3. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  4. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  5. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  6. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...
  7. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  8. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  9. アノマリーとは、相場動向について、合理的・理論的な説明をすることが難しいが、過去の経験則からよく起こ...
  10. 外貨準備高とは、金融当局が保有する外貨建て資産の残高をいう。為替介入をする際などに利用される。

アーカイブ