Topics

ゴトー日要因とは?

5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。

5日、10日の区切りがつく日が決済日になることが多く、このときに輸入企業が海外からの購入代金を支払う為の外貨を購入するので、外貨が買われる事が多く外貨不足となります。

一般的には、仲値に向けてドル不足となり、円安になる傾向が高いといわれています。

ただ、FXはこういった実需筋だけで動いているわけではないので必ずしもその通りに動くとは限りません。

ゴトー日の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  2. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  3. ブローオフトップ(BLOW-OFF TOP)とは、上昇局面の最終段階において、出来高が増加し買いの熱...
  4. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  5. 地合い(じあい)とは、相場の状況や雰囲気のこと。
  6. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  7. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  8. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  9. FRB(米連邦準備制度理事会:Federal Reserve Board of Governors)...
  10. アービトラージ(アビトラ)とは、同一の性格を持つ2つの商品において、割安なものを買い割高のものを売る...

アーカイブ