Topics

ゴトー日要因とは?

5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。

5日、10日の区切りがつく日が決済日になることが多く、このときに輸入企業が海外からの購入代金を支払う為の外貨を購入するので、外貨が買われる事が多く外貨不足となります。

一般的には、仲値に向けてドル不足となり、円安になる傾向が高いといわれています。

ただ、FXはこういった実需筋だけで動いているわけではないので必ずしもその通りに動くとは限りません。

ゴトー日の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、国や地方自治体などの財政状況を示す指標のこと。
  2. アンワインドとは、ポジションの巻き戻し・解消・コンソリデーション(整理)的な動きのことをいう。
  3. ブラックマンデーとは、1987年10月19日(月曜日)にNY株式市場の暴落をきっかけにした、世界同時...
  4. グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線(MA)によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
  5. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  6. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...
  7. 提灯(ちょうちん)買いとは、「提灯を待つ(:ある人の手先となってその人をほめてまわるたとえ。
  8. デルタヘッジとは、通貨オプション取引の際、リスクを軽減させるために権利の売買にともなう為替市場の予想...
  9. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  10. オファー(Offer)とは、「買い」のこと。アスク(Ask)とも呼ぶ。

アーカイブ