Topics

ゴトー日要因とは?

5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。

5日、10日の区切りがつく日が決済日になることが多く、このときに輸入企業が海外からの購入代金を支払う為の外貨を購入するので、外貨が買われる事が多く外貨不足となります。

一般的には、仲値に向けてドル不足となり、円安になる傾向が高いといわれています。

ただ、FXはこういった実需筋だけで動いているわけではないので必ずしもその通りに動くとは限りません。

ゴトー日の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  2. アイザーウェイとは、BID(ビッド・売値のこと)とASK(アスク・買値)が同値であること。
  3. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  4. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  5. WTI(ダブリューティーアイ)先物とは世界最大規模の先物市場と言われているニューヨークマーカンタイル...
  6. オーバーシュートとは、相場の行き過ぎた変動のことをいう。
  7. ストップエンターとは、ある一定の水準を越えたら買う、ある一定の水準を下回ったら売るということ。
  8. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  9. トンボとは、ローソク足の形の一つ、寄引同事線(読み方:よりひきどうじせん)の一種。
  10. サマータイムとは、夏の間標準時より時計を1時間進める制度。

アーカイブ