Topics

ゴトー日要因とは?

5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。

5日、10日の区切りがつく日が決済日になることが多く、このときに輸入企業が海外からの購入代金を支払う為の外貨を購入するので、外貨が買われる事が多く外貨不足となります。

一般的には、仲値に向けてドル不足となり、円安になる傾向が高いといわれています。

ただ、FXはこういった実需筋だけで動いているわけではないので必ずしもその通りに動くとは限りません。

ゴトー日の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ポジショントークとは、買いや売りのポジションを保有している著名な市場関係者が、有利な方向に相場が動く...
  2. FXのテクニカル分析にはオシレーター系の方法とトレンド系の方法があります。
  3. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  4. スイングトレードとは、トレード法の時間軸で区分したうちの一つ。
  5. セルオンラリー(Sell on rally)とは、戻り売りのこと。
  6. コストプッシュインフレ―ション(コストプッシュインフレ)とは、賃金や原材料費の高騰により生産費用...
  7. 調整局面とは、上昇傾向にあった相場が鈍化していき、「踊り場」に入った状態のこと。
  8. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  9. スワップポイントとは、FX取引において、取引する通貨間の金利差のこと。
  10. スリッページとは、FX取引において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと...

アーカイブ