Topics

購買力平価とは?

購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水準となるように為替レートが決定されるという考え方。

例えば、缶コーヒーが日本で100円、アメリカで1ドルなら、購買力平価説に基づく為替レートは1ドル=100円ということ。

マクドナルドのビッグマック購買力平価が有名。

主要通貨購買力平価はこちら

ドル円購買力平価

ドル円の購買力平価(公益財団法人 国際通貨研究所より引用)

 

購買力平価の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 割安と判断される銘柄をロング(買い)し、割高の判断される銘柄をショート(売り)して運用をする方法のこ...
  2. 軟調(なんちょう)とは、相場に勢いがなく、緩やかに下がっている状態を指す。
  3. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  4. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  5. ドテン取引とは、それまで持っていたポジションを逆にすること。
  6. ジリ高(だか)とは、相場が少しづつ上がること。逆に、相場が少しずつ下がることをジリ貧という。
  7. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  8. ニューヨーククローズ(NYクローズ、NYCL)とは、ニューヨーク市場が一日の取引を終了する時間のこと...
  9. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  10. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...

アーカイブ