Topics

購買力平価とは?

購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水準となるように為替レートが決定されるという考え方。

例えば、缶コーヒーが日本で100円、アメリカで1ドルなら、購買力平価説に基づく為替レートは1ドル=100円ということ。

マクドナルドのビッグマック購買力平価が有名。

主要通貨購買力平価はこちら

ドル円購買力平価

ドル円の購買力平価(公益財団法人 国際通貨研究所より引用)

 

購買力平価の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. スキャルピングとは、トレードの手法の一つでわずかな利幅を狙って、数秒から数分の短時間で売買を繰り返す...
  2. 戻り足(読み方:もどりあし)とは、下落したと思ったものが、再び上昇していくこと。
  3. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  4. 円キャリートレードとは、低金利の円資金を借り入れて、より高い利回りが期待できる資産で運用する取引のこ...
  5. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  6. ハイパーインフレーションとは、物価水準が1年間に数倍以上に上昇するインフレのこと。
  7. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  8. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  9. 信用乗数(money multiplier)とは、日銀が供給したお金(ハイパワードマネー)によって、...
  10. ベージュブックとは、アメリカの地区連銀経済報告のこと。

アーカイブ