Topics

購買力平価とは?

購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水準となるように為替レートが決定されるという考え方。

例えば、缶コーヒーが日本で100円、アメリカで1ドルなら、購買力平価説に基づく為替レートは1ドル=100円ということ。

マクドナルドのビッグマック購買力平価が有名。

主要通貨購買力平価はこちら

ドル円購買力平価

ドル円の購買力平価(公益財団法人 国際通貨研究所より引用)

 

購買力平価の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  2. 大統領サイクルとは、アメリカの大統領選挙のサイクル(周期)とドル相場や株価との間に相関関係があるとの...
  3. QFII(キューフィー:Qualified Foreign Institutional Invest...
  4. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  5. フェデラルファンド(FF)とは、米国の市中銀行が支払準備金として「連邦準備銀行に預けた無利息の準備預...
  6. アペックス(apex)とは、三角保ち合いの三角の頂点のこと。
  7. リバーサルハイデイ(Reversal High Day)とは、上昇過程での新高値を付け、その前日の終...
  8. トピッシュ(toppishi)とは、目先の天井や、心理的に作り出される高値のこと。
  9. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  10. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。

アーカイブ