Topics

購買力平価とは?

購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水準となるように為替レートが決定されるという考え方。

例えば、缶コーヒーが日本で100円、アメリカで1ドルなら、購買力平価説に基づく為替レートは1ドル=100円ということ。

マクドナルドのビッグマック購買力平価が有名。

主要通貨購買力平価はこちら

ドル円購買力平価

ドル円の購買力平価(公益財団法人 国際通貨研究所より引用)

 

購買力平価の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  2. ショートカバーとは、売りポジションを決済すること。巻き戻しとも言う。
  3. チョッピー(Choppy)とは、明確な方向感がなく、上下に不規則な動きを示す相場の事を指す。
  4. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  5. テイクプロフィットとは、保有しているポジションの利益(フェイバー)を確定させる取引のこと。
  6. 両建て(りょうだて)とは、同じ通貨ペアにおいて買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
  7. 高値覚え(たかねおぼえ)とは、以前の高値を覚えているために、相場が下がってしまってもなかなか売れない...
  8. 国際通貨基金(IMF)とは、通貨と為替の安定化を目的とした国連の専門機関。
  9. EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種。
  10. ネックラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。

アーカイブ