Topics

購買力平価とは?

購買力平価とは、一物一価の法則の考えから、ある国で品物を購入する際の金額の価値が、他の国でも等しい水準となるように為替レートが決定されるという考え方。

例えば、缶コーヒーが日本で100円、アメリカで1ドルなら、購買力平価説に基づく為替レートは1ドル=100円ということ。

マクドナルドのビッグマック購買力平価が有名。

主要通貨購買力平価はこちら

ドル円購買力平価

ドル円の購買力平価(公益財団法人 国際通貨研究所より引用)

 

購買力平価の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 投機とは、相場の値動きを予測して、短期間で利ざやを稼ぐこと。
  2. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  3. フェードアウトとは、何らかのきっかけで、FXマーケットが動意づいた後、徐々にもとの水準に戻していく状...
  4. ギブンとは、「売った」という意味。インターバンク市場で使われる用語。
  5. 追証(おいしょう)とは、FXにおいて、相場の変動により、差し入れている「委託(預託)している」証拠金...
  6. 買いオペとは、公開市場操作の一つ。
  7. シカゴVIX指数とは、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P500を対象にしたオプション...
  8. マイナー通貨(マイナーカレンシー)とは、FXで市場参加者があまり頻繁に取引していない、流動性の低い通...
  9. 5と10が付く日を「ゴトー日」と呼びます。
  10. セリングクライマックス(selling climax)とは、下落局面の最終段階において、市場参加者の...

アーカイブ